interview

アシックスジャパン

代表取締役社長

小林淳二さん

「ブランド重視・お客様起点の活動をさらに徹底へ」

■ワークは必需品、今後も成長へ

日本事業の強化という意味では、1999年からスタートしたワークシューズビジネスも順調に推移しており、1つの事業としてはベースボールと肩を並べるまでに成長しています。

コアパフォーマンススポーツで培った技術や知見、信頼を生かしたモノづくりが評価され、建築や輸送などに携わるお客様の口コミ等で支持が拡がり、好循環が生まれています。

ワークは必需品であり、ターゲットを拡げればまだまだ成長できるとみています。現在、医療機関で働く人のナースシューズなども展開しています。

さらに2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて警備・警護、インフラ整備関連でワーク需要の高まりが期待されます。また当大会のゴールドパートナーでもありますので、同じパートナー企業にアプローチをかけたいと考えています。

  • K・SWISS

    Brand President

    バーニー・ウォーターズ

  • リーガルコーポレーション

    代表取締役社長

    岩﨑幸次郎さん

  • マドラス

    代表取締役社長

    岩田達七さん

  • クラークスジャパン

    代表取締役社長

    宮増浩さん

PAGE TOP