デサント18年度上期は「デサント」ブランドが牽引。中国が第3の柱に

sports 2017-11-07  

デサント石本雅敏社長


「課題は韓国の不振とシューズ」

「課題は韓国での店頭不振。ただし、苦戦していたルコックスポルティフは9月から既存店も昨対を取れるようになってきており秋冬、来春夏に向けて光が射してきた。

中長期の課題はシューズ。上期の販売数量はグローバルで200万足、通期では400万足になると思う。5年前が通期で230万足だったことを考えると74%増になったが、まだ売上高のシェアでは14%に留まっている。

とくにアスレチックブランドでは20%以上の売上げが必要。開発力と販売力を磨きたい。

シューズ事業の拡大については、18年夏から秋に韓国で稼働予定のR&Dセンターが一番大きなドライバーになると思うが、外部との連携とミックスした形で進めていこうと考えている」

PAGE TOP