デサント18年度上期は「デサント」ブランドが牽引。中国が第3の柱に

sports 2017-11-07  

デサント石本雅敏社長

そのほか「スキンズ」は国内で調子が良く26%増。「イノヴェイト」はトレラン大会20大会で着用シェア10%が取れており、売上げにつなげていく。「ランバンスポール」は昨年春夏対比で7%増、「スリクソン」は昨年上期対比で12%増。

DTC関連の売上げ状況は、上期の直営店と百貨店内自主管理売り場の比率は、百貨店内での苦戦で、前年比数ポイントダウンして31%。

Eコマースは、自社の数字は大きくはないが、国内は昨年ベースで約30億円あり、売上げの6%程度を占めている。

PAGE TOP