【対談】ゼビオ×ミズノ “小売×メーカー”で新たなランニング市場を創造へ

pickup 2018-01-29  ,

ランニング市場が成長期から成熟期へと向かうなか、ランナーの走る目的やシーンが多様化し、ランニングシューズに求められるニーズも変化している。リテーラーとメーカー、双方の視点から見た今、そしてこれからのランニングシューズ市場はどのように映っているのか?

スーパースポーツゼビオヨドバシ梅田店の伊藤知彦氏とミズノランニング企画課の中村和裕氏に聞いた。

■現在の業務内容について

伊藤:当社主催のランニングクリニックやスタッフ教育のとりまとめをしています。所属はスーパースポーツゼビオヨドバシ梅田店ですが、全国の店舗を回っています。また、シューズのバイイングや商品構成の組み立てにも携わっています。

中村:入社して10年以上になりますが、入社以来、シューズに携わっています。現在は、日本を含めたグローバルで販売するランニングシューズの企画担当として、デザイナーや開発担当と連携しながら商品をつくっています。

PAGE TOP