オリジナルデザイナーが語る!アシックス「ゲルライトⅢ」30年の歩み

pickup 2020-02-11  

1月に発売された復刻モデル「ゲルライトⅢ OG」


■復刻モデル「ゲルライトⅢ OG」の印象

三ツ井:ゲルライトⅢは自分の娘のようなもので、ゲルライトⅢを履いてくれるスニーカーヘッズは娘のボーイフレンドのような存在。今回発売された復刻モデルはすごく出来が良く、最初の娘に会えたような印象だ。

小澤:ゲルライトⅢ OGは、上から見ると細身でスリークな印象なので、大人でも履きやすいと思う。

 
■昨今のスニーカーブームについて

小澤:ここ10年で、快適さを求める傾向がファッションにも表れてきた。その間テクノロジーが発展し、IT起業家をはじめ、スーツを着ないことが成功者の証となり、かっこよさの基準になったことで、スニーカーを履いて仕事をすることが許されるようになった。社会人になるとスニーカーから離れる人が多かったが、大人になってもスニーカーへの興味が続いている。

三ツ井:30年前と比べて一番大きく違う点は、コンシューマーがトレンドを発信していること。これからはメーカーと有名デザイナーのコラボだけでなく、メーカーとコンシューマーが取り組む時代になってくる思う。

小澤:東京オリンピックの開催で、スポーツの機運が高まり、スポーツをする機会も増えると思う。ファッションとしても軽やかですぐに動きたくなるようなシューズが、これからトレンドになると予想している。

PAGE TOP