「アシックス」がスパイクピンを搭載しない次世代陸上シューズのプロトタイプ発表

sports 2018-06-19  

アシックスは、従来の陸上短距離用スパイクシューズの概念を変える、次世代に向けた陸上スプリントシューズのプロトタイプを発表した。

read more

陸上短距離競技において最速を目指すため、スパイクピンを備えた従来型ではなく、同社独自の新技術であるカーボンファイバー素材をベースとした複雑な立体構造を靴底に取り入れたのが特徴。

通常のスパイクシューズは、スパイクピンを地面に貫入させ高いグリップ力を得ることで推進力を引き出し、スピードにつなげる。

今回のプロトタイプは、地面を「点」でとらえるスパイクピンと異なり、接地面を増やして「線」でとらえるようにすることで、より効率的に高い推進力を得ることが期待できる。また、スパイクピンを搭載しないため軽さを追求でき、靴底の適所を硬くするなど設計の自由度が広がる。

PAGE TOP