エコー「クアントゥー」関西エリア初&日本初の男女用常設店舗が阪急うめだ本店イングスに

shop 2019-12-16  

エコー・ジャパンは11月13日、3Dプリンターを使用してカスタマイズシューズを提供する「QUANT-U(クアントゥー)カスタマイゼージョン・プロジェクト」の関西エリア初、日本初の男女用常設店舗を、大阪・梅田の阪急うめだ本店8階「イングス」ウォーキングシューズ売り場にオープンした。

read more

クアントゥーは、店内の3Dプリンターを利用した世界初のカスタマイズシューズサービス。生体力学や解剖学を用いて設計された3D足型測定器とAIを搭載したセンサーが、静止時と歩行時の足の特徴をくまなくデータ化。そのデータをシリコーン素材のミッドソールに反映し、店内の3Dプリンターに出力する。

ミッドソールの完成に要する時間は片足約60分、両足約120分。完成後は専用シューズに装着され、3D足型計測、ミッドソール製作、専用シューズの3つのセットで、7万6000円で販売される。アッパーには、エコーが供給するプレミアムレザーを採用。カラーはメンズ、ウイメンズ各8色が用意されている。

特設サイトから来店前の予約も可能で、来店予定日時やサイズ、アッパーの色を事前に選ぶことができる。

PAGE TOP