フランス発「デカトロン」日本1号店がオープン!1800㎡の売り場に7万アイテム展開

shop 2019-03-29  

3月29日にオープンしたデカトロン西宮店

フランス発のスポーツ用品店「デカトロン(Decathlon)」の日本1号店「デカトロン西宮店」が3月29日、兵庫県西宮市の阪急西宮ガーデンズ本館3階にオープンした。

read more

デカトロンは、同一店舗にあらゆるスポーツが共存するストアをコンセプトに、フランス北部の街リールで1976年に創業。1986年に初の自社オリジナルブランドを立ち上げ、現在はランニング、サッカー、バスケットボール、ラケットスポーツなど80種類以上のスポーツカテゴリーをカバー。

高機能でありながら低価格、シンプルかつ手軽に使えることが特徴で、スポーツ初心者から上級者まで対応する幅広い商品を取り揃えている。

19年1月現在、世界51カ国に約1500店舗を展開。18年度のグループ売上高は110億ユーロ(約1兆3000億円)。

デカトロン西宮店のシューズコーナー

デカトロン西宮店は約1800㎡の売り場に、約30種類のスポーツカテゴリーを展開し、1万8000種類7万点のアイテムを取り扱う。

シューズについては、ランニング、トレイルランニング、陸上スパイク、ウォーキング、ハイキング、トレッキング、サッカー、テニス、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、ゴルフなど、主要カテゴリーをほぼ網羅している。平均価格はランニングシューズで4000円。

デカトロンジャパンでは、1号店を皮切りに今後、日本の主要都市に毎年2~3店舗をオープンさせる計画。

PAGE TOP