キプチョゲ選手が「ナイキ」の3Dプリントを活用したシューズでロンドンマラソン優勝!

sports 2018-04-25  

エリウド・キプチョゲ選手は4月22日に開催されたロンドンマラソンで、ナイキ(NIKE)の3Dプリントを活用した「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」を着用し、2時間4分17秒で2年ぶり3度目の優勝を飾った。

read more
■「Breaking2」で判明した”課題”

キプチョゲ選手は、17年9月にベルリンの世界屈指の高速マラソンコースを走った際、レース当日の大雨と湿度99%という環境に負けることなく、42.195キロを誰よりも早く走り抜けた。

ナイキのデザイナーが、荒天によるパフォーマンスへの影響をキプチョゲに聞いたところ、

シューズ(ナイキのマラソン2時間切り、Breaking 2の挑戦で彼が着用したナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート)が水を吸い、大雨で水分が蒸発しないため、予想よりシューズが重くなっていたことが判明した。

PAGE TOP