「スラックフットウェア」から日本製のラグジュアリーラインが新登場!第1弾はキルトローファー

fashion 2018-11-12  ,

日本発スニーカーブランド「スラックフットウェア(SLACK FOOTWEAR)」から、メイド・イン・ジャパンのラグジュアリーライン「AU-DIMENT」が登場した。

read more

同ラインでは、革靴とスニーカーの境界線上で新たなプロダクトを模索。デザイナーのKAZUYA YASUDA氏が日本の革靴職人とマッチアップし、世界中から集めた高品質な材料で生み出すハイブリッドな1足を提案する。

第1弾モデルは、甲を覆う大判のキルトが存在感を放つキルトローファーで、ドレスからカジュアルまで対応。

アッパーには国産レザーを使用し、フルブローグやメダリオンを施してブリティッシュラグジュアリーを表現。キルトはタッセルと一体型になるように構成され、取り外し可能。シンプルなローファーとしても使える2WAY仕様になっている。

ソールはVibram社製XS-Trekラバーアウトソールを使用。街歩きに適したグリップ性能と柔軟性を持ち、摩耗にも強い。

11月8日から開催中のアルフレッドバニスターでのポップアップを皮切りに、全国の取扱店で順次発売。オフィシャルオンラインストアでは11月15日から発売を予定している。

商品詳細

■商品名:ADM001
■価格:3万4000円+税
■URL:http://www.slackfootwear.com/

PAGE TOP