コラム【スニーカー狂の唄】第4回:AUTO SNEAKER??(nokisaki/cozymadmax)

column 2016-10-17  

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e5%86%99%e7%9c%9f

映画『BACK TO THE FUTURE』に登場するNIKE「AIR MAG」の発売や、同じくNIKEからリリースされる「Hyper Adapt 1.0」。ここ数年はスニーカーの未来像がようやく具現化している印象です。

自動でひもを締めるスニーカーとして、スニーカー好きなら絶対気になる、というか締めたくなる、のではないでしょうか。AIR MAGに関しては国内の販売はありませんが、Hyper Adapt 1.0は可能性がありそうです。どちらにせよ、年内の発売が決定しているので楽しみです。

当店で取り扱いがあるPUMAは、AUTO DISCと言われているスニーカーが話題に上がっています。PUMAのDISC BLAZEは手動でワイヤーをダイヤルで回すのに対し、AUTO DISCはボタン1つで締まる画期的なシステムを採用している、まさに未来像のスニーカーです。

PUMAの契約選手であるウサイン・ボルトがテスト履きしている動画(ここではあえて、SOLEBOXのHIKMET氏が出演しているTurnschuh.tvの動画で)でも話題になりました。

AUTO DISCは市販化が現在難しい(コスト的な面も込みなのか?)と言われているらしく、我々スニーカーファンとしては発売が待ち遠しいの一言に尽きるのではないでしょうか。

子どもの頃に思い描いていたスニーカーの未来像は、カール・ルイスばりに足が速くなるスニーカーでした(笑)。ファミコン全般におけるBダッシュやミニ四駆のモーター(主にブートの)とシンクロさせていたからなのかな、と思うのですが…。

あまり楽をしてしまうと、人間そのもののポテンシャルが崩れてしまうのは必須なので、靴紐自動調圧くらいがベストなのかもしれません。

皆さんのスニーカー未来像はどんなものをイメージされていますか?

【著者紹介】

【cozymadmax】

1983年神奈川県生まれ。20歳で就職した某大手インポートブランドに8年間勤務。2012年3月にnokisakiのディレクターに就任。国内外のブランドの仕入れから「nokisaki」のオリジナル製作と「UNFIZZY」のプレスを務める。
nokisaki blog: http://www.fathom-web.com/nokisaki_blog/
instagram: https://www.instagram.com/cozymadmax/

古島さん①

PAGE TOP