アシックス投資子会社が本田圭佑&ウィル・スミスのベンチャーファンドに出資

sports 2019-10-29  

アシックスは10月23日、投資子会社アシックス・ベンチャーズが主に米国のアーリーステージのスタートアップ企業への投資を行う「ドリーマーズ・ファンド(Dreamers Fund)」に有限責任のリミテッド・パートナーとして出資したと発表した。

read more

ドリーマーズ・ファンドは、18年にプロサッカー選手の本田圭佑氏が経営する会社と俳優のウィル・スミス氏が保有する投資会社が共同で立ち上げたベンチャーファンド。

有力スタートアップ企業への投資実績を有するメンバーで構成されており、米国のスタートアップ企業との間で強固なネットワークを構築。「日本と米国の架け橋になる」をミッションに掲げ、日本企業への情報提供に加え、企業同士の引き合わせやサポートを積極的に行っている。

アシックスでは、16年に設立したアシックス・ベンチャーズを通じて、これまでに国内外のスタートアップ企業10社に出資し、新たな事業開発を推進してきた。また、欧州および日本ではスタートアップ企業のアクセラレータープログラムを開催し、有力スタートアップ企業とのネットワークの構築に取り組んでいる。

今回の出資により、ドリーマーズ・ファンドを通してスタートアップ企業が多く集まる米国西海岸地域においても、革新的な製品、技術、サービスに関する情報を収集し、グループ企業との連携により価値創造が期待できるスタートアップ企業を発掘する。それらへの投資および事業連携を通じて、一層の持続的成長を目指すとしている。

PAGE TOP