アシックスが創業哲学を表現する新ブランドキャンペーンをスタート

sports 2019-08-27  

アシックスは、「ぜんぶ、カラダなんだ。」をブランドメッセージにした同社の創業哲学「健全な身体に健全な精神があれかし(Anima Sana In Corpore Sano)」を表現する新たなブランドキャンペーンをスタートした。

read more

マラソンランナーの川内優輝選手を起用した広告ビジュアル

同キャンペーンは、スポーツに関するムーブメントが高まるなか、身体を動かすことへの価値を広く伝えるために実施するもの。「ぜんぶ、カラダなんだ。」は、「I MOVE ME」と同様に「アシックス」ブランドを通じて身体を動かし、活力や幸福感を得るなど心の充実を感じて欲しいといった思いが込められている。

歌舞伎役者の片岡千之助さんを起用した広告ビジュアル

今回、川内優輝選手(マラソンランナー)、片岡千之助さん(歌舞伎役者)、アオイヤマダさん(踊る人・ダンサー)を起用し、それぞれの身体の動きをダイナミックに表現した広告ビジュアルを制作。キーグラフィックは、“カラダの動き”をモーションキャプチャーシステムでとらえ、その動きから描き出された躍動感あふれるもので、一人として同じものはない、固有のビジュアルとなっている。

踊る人・ダンサーのアオイヤマダさんを起用した広告ビジュアル

3人を起用した広告ビジュアルは、7月24日から各メディアを通じ公開しているほか、同社ウエブサイトでは広告ビジュアルの開発過程や出演者3人の“カラダ”に関するインタビューを掲載している。今後は、同キャンペーンに同社契約アスリートやアンバサダーを順次起用していく予定。

PAGE TOP