「ナイキ」が3Dプリントアッパーのランニングシューズを開発!キプチョゲ選手が着用へ

sports 2018-04-23  

「ナイキ(NIKE)」は、3Dプリントを活用したランニングシューズ向けアッパーを開発した。

この最新技術はエリウド・キプチョゲ選手が4月22日のロンドンでの大会で着用するシューズに用いられ、それが初披露の場となる。

read more

ナイキは長年3Dプリントによるテキスタイルアッパー開発に取り組んできたが、今回エリウド・キプチョゲ選手の協力を得て製品化に成功。

開発された繊維および技術は「ナイキ フライプリント」と呼ばれる。

この方法によってアスリートに合わせて製作できる汎用性と、製作スピードが短縮されるというメリットが得られる。

試作品を作るスピードは従来の16倍以上速くなり、商品テストや修正の時間を大幅に削減した。

キプチョゲ選手との試作品作りも、数時間のうちに修正を行い、わずか9日後にサンプルを届けているが、その時間のほとんどは輸送に使われたという。

また、通常の織物では縦糸と横糸の間に摩擦抵抗が起こるが、3Dプリントなら素材の交点が融合しているため、より正確に足を支えることができることも長所だ。

重さもキプチョゲ選手がモンツァとベルリンで着用したものよりも11g軽くなっている。

PAGE TOP