アシックス「ゲルカヤノ」シリーズの生みの親が語った開発の舞台裏とは

pickup 2018-06-25  

アシックス「ゲルカヤノ」シリーズの生みの親・榧野俊一氏


■自然と足が前に出る25 代目モデル

「パフォーマンスシューズは機能ベースであること。そしてテクノロジーをデザインしただけでなく顧客起点であることです。

これが発売から四半世紀を迎えたゲルカヤノシリーズ開発の基本であり、これからも顧客ニーズを汲み取って最先端の技術で製品化していくことに変わりはありません。

私もランナーの1人として、最新のゲルカヤノ25 を履いて毎週末、12 ㎞ほど、月にすると50 ~ 60 ㎞を走っています。ゲルカヤノ25 には、軽量性と耐久性に優れる2つの新素材を使っています。

走っていても本当に重さを感じないし、反発性も高いので自然に足が前に出て疲れにくいと感じています。走る前からワクワクするシューズに仕上がっています」

PAGE TOP