スポーツ用品メーカー世界3位をめぐる争いが熾烈に

pickup 2018-03-27  , , , , ,

グローバルなスポーツブランドの17年12月期業績がまとまった。

それによると、アディダスグループが前年比14.8%の増収となり、ナイキ社との差は瞬間的に1兆2400億円から8900億円に縮まった。

また、プーマが同14%増として初めて40億ユーロに到達、アンダーアーマー、ニューバランス、アシックスとの3位グループ争いが熾烈になっている。

PAGE TOP