「パラディウム」70周年記念モデルは世界47都市のネームを随所にデザイン

fashion 2017-03-07  

フランスのフットウェアブランド「パラディウム(PALLADIUM)」は、シューズ作りをスタートして70周年を迎えたことを記念したアニバーサリーモデル「パンパ ハイ 70th Anniversary」を発売した。

パラディウムはシューズを作り始めた当時、フランス軍から「熱帯地方で使用するための快適で耐久性に優れたシューズを作ってほしい」という依頼を受け、アッパーにコットンキャンバス、ソールにラバーを採用したブーツを開発。現在、ブランドのアイコン的存在となっている「パンパ」シリーズの原型が、この時生まれた。

パラディウムは現在、「CITY EXPLORING(都市探検)」というコンセプトを追求している。イメージするのは、いろいろな表情を持つ「都市」。それも、ありきたりな都会ではなく、都市の中に存在する地底空間や忘れ去られた廃墟で、ニューヨークの廃墟や東京の首都圏外郭放水路などがそれに当たる。

今回発売する「パンパ ハイ 70th Anniversary」は、オリジナルモデルであるパンパ ハイをベースに、世界の主たる47都市のネームをシューレース、シュータン、サイドパッチにランダムに印字。まさに、「都市探検家」のために作り上げた一足となっている。

シュータンとシューズボックスには、パンパの黎明期に採用していた旧ロゴを搭載しており、当時の雰囲気が感じられる。

【商品詳細】


■商品名:パンパ ハイ 70th Anniversary
■価格:9800円+税
■カラー:ブラック、ホワイト
■サイズ:22.5~28.0、29.0㎝
■公式ウェブサイト:http://www.ssksports.com/palladium/

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP