アサヒコーポレーションの国産スニーカー「Asahi」がデビュー

fashion 2016-08-31  ,
キャンバスアッパーのASAHI001(8000円+税)

キャンバスアッパーのASAHI001(8000円+税)

アサヒコーポレーションが手掛ける国産スニーカー「Asahi(アサヒ)」が8月にデビューした。「アサヒ」のブランド単独でのシューズの展開は初めてになる。

展開に当たっては、会社名を押し出していくためにロゴも新規作成した。第1弾は6型17SKUで、4型がバルカナイズ製法、2型がセメント製法。

レザーモデルは、ソフトで風合いにこだわった姫路の革を使用。革の裁断も自社で行う。バルカナイズのソールのゴムはアメ色にして統一感を持たせ、蝋引きのシューレースを使うといった細部へのこだわりも充実。

レザーアッパーのASAHI007(2万円+税)

レザーアッパーのASAHI007(2万円+税)

とくにバルカナイズスニーカーの特徴の1つであるホクシングテープは、アッパーに被るように巻くという熟練の技が要求されるつくり。またセメント製法では、ミッドソールに使うEVAの削り出しも自社で行っている。

すべてユニセックスサイズ展開で、価格はキャンバスを使ってアーミー調の雰囲気を出したスリッポンの8000円からレトロランニングスタイルのレザースニーカーの2万円まで。

秋冬からのスタートということで、深い色目のレザーモデルが中心となるが、17年春夏には定番となるホワイトスニーカーなど、ベーシックなアイテムを提案して本格展開に入る予定。来春の本格展開が楽しみなブランドだ。

PAGE TOP