「ナイキ エア フォース 1」誕生35周年を記念したコレクションが登場

fashion 2017-11-10  

「ナイキ(NIKE)」は、ナイキ エア フォース 1の誕生35周年を記念し、このシューズを代表する白/白のカラーをアイコンとして、世界中のアーティスト達とコラボレーションしたAF-100コレクションを発表した。

ナイキ スポーツウェア シニアクリエイティブディレクターのアル・バイクが、リードデザイナーとしてプロジェクトを立ち上げた。

アル・バイクは今回のプロジェクトについて次のようにコメントしている。

「スポーツや音楽、ファッション、アート、ストリート、都市のすべてに繋がりを持つシューズは他にありません。その中でも普遍的な位置付けにあるのがエア フォース 1の白/白です。

エア フォース 1の35周年を記念して、未来の世代に影響を及ぼすコラボレーター達を選びました。白/白というアイテムを見つめ直すということを制作の意図としています。

デザインの方向性としてはクラシックらしさを失わず、エア フォース 1と一目でわかるものであると同時に、コラボレーター個人の人生や彼らが代表する分野につながるものを目指しました」

その結果、Don C、カリーム・バーク、エロルソン・ヒュー、トラヴィス・スコットとヴァージル・アブローが、それぞれの視点からナイキ エア フォース 1を表現した。

AF-100コレクションは、日本ではNike SNKRSと一部ナイキ販売店で11月30日から順次発売される。

PAGE TOP