アシックスと東レが視覚効果と高機能を併せ持つ新素材を共同開発―ランニングシューズやスニーカーに採用

fashion 2016-06-20

アシックスと東レが共同開発した新素材「カメレオイドメッシュ」

アシックスと東レが共同開発した新素材「カメレオイドメッシュ」


カメレオイドメッシュを採用したランニングシューズ「ゲルクォンタム 360 CM」。8月発売予定

カメレオイドメッシュを採用したランニングシューズ「ゲルクォンタム 360 CM」。8月発売予定

アシックスと東レは、独特な視覚効果と高い機能性をあわせ持つ新素材「カメレオイドメッシュ」を共同開発した。

カメレオイドメッシュは、アシックススポーツ工学研究所と東レのテキスタイル・機能資材開発センターが共同研究したもの。見る角度によって色が変わるという視覚的効果を有しているほか、快適なフィット性を提供し、繰り返しの変形に対して優れた形状復元性を発揮する。

アシックスは、8月上旬発売予定のランニングシューズ「ゲルクォンタム 360 CM」 や「アシックスタイガー」のスニーカーにカメレオイドメッシュを採用するほか、その他の競技用シューズへの展開も検討している。

カメレオイドメッシュの主な特徴

①色彩変化=ミクロンオーダーで糸の配置を制御することができるテキスタイル技術を駆使し、見る角度や動きに応じて色が変化する立体構造を実現。色の組み合わせは、任意に変更できる

②高い通気性=メッシュ構造のため通気性が高く、シューズ内部の熱や湿気を外部に放出する

③軽量性=耐久性に優れた繊維を使用することで、少ない繊維量で生地が必要とする強度を保つことができる

④高い復元性(低エネルギーロス)=メッシュの一部に伸縮性に優れた繊維を使用しているため、走行(歩行)時の足の横ぶれを防止しつつ優れた復元性を実現する

⑤快適なフィット性=足幅方向と足長方向に対するメッシュの伸縮しやすさをコントロールすることで、足の変形に追従しやすく快適なフィット性を実現する

⑥メイド・イン・ジャパン=特殊な技術を要する素材のため、糸から染め、生産までのすべての工程を日本国内で行っている

PAGE TOP