アキレス「メディフォーム」3人目の契約アスリートはプロランナー藤原新選手

sports 2018-09-26  

アキレスは、ランニングシューズ「メディフォーム(MEDIFOAM)」で、日本のプロランナーの先駆けである藤原新選手(36)と、開発アドバイザリー契約を締結した。

read more

藤原選手は拓殖大学で箱根駅伝に出場後、実業団チームで活躍、2012年には2時間7分48秒の記録を樹立し、ロンドン五輪に出場。合理的なランニングフォームの分析、体の動きと靴との関連性等を独自の感覚で言語化できるランナーとしても評価が高く、現在日本ランニング学会のオブザーバーも務める。

「メディフォーム」はスポーツ・ランニング障害の軽減を目的に“走りながらリラクゼーション&リカバリー”をコンセプトにしたランニングシューズ。

衝撃吸収性、反発弾性、耐久性で、一般的なEVAを大きく上回る自社開発の新ポリウレタン素材をミッドソールに使用。17年春の発売以来、高く評価されウォーキング愛好者から市民ランナーまで着実に裾野を広げている。

PAGE TOP