隈研吾氏設計の「カンペール」ショップがバルセロナにオープン

shop 2019-01-18  

スペイン発のカジュアルシューズブランド「カンペール(CAMPER)」は、新国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾氏と再びタッグを組み、スペイン・バルセロナのショップをコラボレーション・プロジェクトの1つである“Together Store”にリニューアルし、18年11月中旬にオープンした。

read more

Together Storeは、世界的に活躍するアーティストやデザイナーとカンペールがコラボレーションし、ユニークな店舗を作り出すプロジェクト。

日本では、nendoによる新宿フラッグス店や長坂常/スキーマ建築計画による新丸の内ビル店、ハイメ・アヨン氏による表参道店など、14店舗が存在している。

隈氏は、ミラノのモンテ ナポレオーネ店での最初のコラボレーションから4年を経て、バルセロナにあるパセオ・デ・グラシア店に再び新しいストアコンセプトを打ち出した。

今回設計した店舗では、伝統的なセラミックタイルを使用し、個々の商品を際立たせて、スペインと日本という2つの異文化を独自の手法でつなげている。

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP