ミズノ「シンクロ」シリーズで潜在ランナーを掘り起こす

pickup 2017-06-29  

ランニングに使えて普段でも履ける

ミズノは、ランニングに関心があり、ランニングに使えて普段でも履けるシューズが欲しいという人は約250万人存在するとみており、このマーケットに向けて16年春夏から「ミズノシンクロ」シリーズを投入した。

当初は、「ミズノシンクロMX」(9000円+税)と「ミズノシンクロSL」(5900円+税)をデビューさせ、16年秋冬から「ミズノシンクロMD」(7900円+税)を追加。

ミズノシンクロMX(9000円+税)

そして17年春夏からアッパーデザインをリニューアルし、それぞれ「2」に進化させている。

発売に際しては、“3㎞のデトラン”をキーワードに「ゆっくり走って20分の気軽なランニング」を提唱。ランニングを始めたいが二の足を踏んでいる人の背中を押した。

PAGE TOP