シカゴ発「バケットフィート」に注目―アーティストとのコラボでスニーカーを製作

fashion 2016-04-21  

YSインターバケットフィート展開へ

アメリカ・シカゴで生まれた新進気鋭のスニーカーブランド「backetfeet(バケットフィート)」が注目されている。

このブランドは、元フォトグラファーと元銀行員という異色のコンビが12年に立ち上げたもの。4種類のベースになるキャンバスに見立てたスニーカーに、世界1万7000人以上のアーティスが描いたグラフィックを載せて商品化している。1シーズンに100型以上が提案され、デザインが採用されたアーティストには契約金が支払われ、販売数に応じたロイヤルティを得ることができるというアーティストの活躍の場にもなっている。

新たなデザインが次々に提案されるが、そのなかからはパイナップルボムのように継続の人気商品も生まれている。また、抗菌・防臭加工を施したクッション性抜群のインソールを搭載しており、見た目からは想像できない履き心地の良さを実現している。

日本市場では、16年春夏シーズンからワイエスインターナショナルによる展開がスタート。販売価格はキャンバススリッポンの9500円からレザーコンビの1万3000円程度。

PAGE TOP