レガレリア 手染め職人が手掛けた伝統的な和柄インソールを発売

fashion 2016-10-28  

sub12

“コミュニケーションが生まれるギフト”を展開するレガレリアは、江戸時代から継承されてきた型染め技法を用いたインソール「華インソール」を発売した。

sub1

日本の伝統的な技法を現代のライフスタイルに取り入れる取り組みの一環として開発されたもので、レガレリアのオンラインショップで発売されている。

sub9

今回採用した5つの柄(葵、茜、翠、蜜、涼)は、染加工を担当した藤本染工芸が保有する江戸時代から大正時代までの500種類以上の型紙の中から厳選されたもの。手染め職人がひとつひとつ丁寧に染め上げた美しい風合いと色合いが足元を華やかに彩る。

インソール本体には、消臭・抗菌・吸湿効果があるコルクと天然ゴムを組み合わせた素材を採用。手洗いできるのも嬉しいポイントだ。

フリーサイズ(21.0~29.0㎝)で、価格は2980円+税。男女問わず使用でき、プレゼントや海外へのお土産としても喜ばれそうだ。

【商品詳細】


■商品名:華インソール
■価格:2980円+税
■柄:葵(aoi)、茜(akane)、翠(midori)、蜜(mitsu)、涼(ryo)
■サイズ:フリーサイズ21.0~29.0㎝※カッティングシート付き
■公式ウェブサイト:https://www.regaleria.jp/

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP