「スピングルムーヴ」から快適性&利便性を向上させた新モデルが登場

fashion 2019-09-10  

「スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)」は19年秋冬コレクションで、“コンフォタビリティ”と“ユーザビリティ”をテーマに、快適性や利便性を向上させたコレクションを展開する。注目アイテムは、従来よりも若い客層を意識した新デザインのSPM-257とSPM-460の2型。

read more

SPM-257

SPM-257は、スムースレザーをアッパーに使用し、シンプルかつクリーンに仕上げたスリッポンシューズ。シューレースには伸縮性のあるゴムを使用しており、足に吸い付くようなフィット感を提供するとともに、ワンアクションで履くことができる。

SPM-460

SPM-460は、アーミーブーツをモチーフにしたハイカットシューズ。ベロアレザーをアッパーに使用し、着脱時に便利なセンタージップを搭載。ジップのパーツは取り外し可能で、付属の替え紐に付け替えて二通りの履き方を楽しむことができる。

SPM-252


SPM-256

このほか19年秋冬コレクションでは、オイルレザーを使ったチロリアンシューズタイプのSPM-252(2万2000円+税)や、英国の老舗生地メーカーMOON社のツイードを使用したSPM-256(1万8000円+税)など、上質な素材使いで高級感を演出したアイテムが登場する。

商品詳細

■商品名:SPM-257
■価格:1万9000円+税
■カラー:ブラック、ホワイト、キャメル
■サイズ:XS、SS、S、M、L、LL

■商品名:SPM-460
■価格:2万3000円+税
■カラー:ブラック/ブラック、ブラウン、ライトベージュ
■サイズ:M、L、LL

PAGE TOP