仙台発!履くほどに愛着と風合いが増す「SOJI」がデビュー

fashion 2018-04-19  ,

靴卸商社のヒロセ(本社:宮城県仙台市)は、東北大学と共同開発したオン・オフ兼用で履けるシューズ「SOJI (ソジ)」を4月から発売している。

今回の開発事業は、16年9月に宮城県の「宮城・仙台富県チャレンジ応援基金」の対象事業に採択され、東北大学との産学連携によって進められたもの。

開発にあたっては、“靴を長く大事に使用する”消費スタイルに注目。30~50代をターゲットに、三十路(ミソジ)、四十路(ヨソジ)、五十路(イソジ)と年代ごとにライフスタイルが変化する中でも使い込むほど愛着がわくシューズを目指した。

PAGE TOP