京都・丹後発「クスカ」から裂き織りを使用した国産バルカナイズスニーカー

fashion 2017-10-09  

絹織物の日本最大産地、京都・丹後でオールハンドメイドにこだわるブランド「KUSKA(クスカ)」は、江戸時代からある「裂き織り」を駆使した生地を使ったスニーカーコレクションを発売している。

「裂き織り」とは、使えなくなった着物や洋服をほどき、布の状態に戻し、その布を1cm程度に裂いて横糸に入れて織り込む江戸時代中期からある技法。

スニーカーのアッパー部分にその生地を使い、広島・府中にあるスピングルカンパニーでバルカナイズ製法によって1つ1つ職人が仕上げている。

商品詳細

■商品名:KUSKA SAKIORI スニーカー
■価格:4万6000円+税
■カラー:3色(ブラック・ネイビー・丹後ブルー)
■サイズ:23cm~27cm(1cm単位)
■取扱店:KUSKA 京都・烏丸三条店、KUSKA WEB SHOP
■URL:http://www.kuska.jp/sneakers/

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP