自動で靴ひもが締まるナイキ「ハイパーアダプト 1.0」が9月発売

fashion 2017-08-21  

ナイキは、最新のフットウェア技術、アダプティブ・レーシングを採用した初めてのモデル「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」を9月23日に発売する。

搭載された最新システムについて、ナイキのシニア・イノベーターであるティファニー・ビアーズは次のように説明する。

「足を入れると踵がセンサーにあたり、システムが稼働して紐が締まる。脇に2つのボタンがあり、紐のきつさを自分の好みに調整することができる」

ハイテクレーシング技術、アダプティブ・レーシングは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」のなかで未来の靴に搭載されているテクノロジーを再現したもの。

この機能は2015年に少数限定でオークション販売した「ナイキ マグ」に搭載され、初披露された。

今回発売されるモデルは、当初の目的であるスポーツ向けのシューズとして完成を遂げた。

ナイキが夢見ていた「足とシューズが共生しているような関係を生み出す技術の自動化」の足音は、すぐそこまで近づいている。

【商品詳細】


■商品名:ナイキ ハイパーアダプト 1.0
■発売日:9月23日
■価格:7万5000円+税
■公式サイト:https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/innovation/hyperadapt

PAGE TOP