「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

サイクリストのためのスポーツシューズブランド「ワンマイル 瀬戸内」が誕生


1979年に誕生したシューズブランド「onemile(ワンマイル)」は、新カテゴリーとして、サイクリストのためのスポーツシューズブランド「ワンマイル 瀬戸内」を発売している。

ワンマイル 瀬戸内は、ものづくりの都市であり、サイクリストの聖地「しまなみ海道」のスタート地点でもある備後に誕生した。

気軽にサイクリングを楽しむ人に向け、ファッション性と機能性を兼ね備えたサイクリングシューズを発信している。

縛った靴ひもを挟めるホルダーが付いており、紐が絡んでしまうことを防ぐ。

アウトソールは前後方向のどちらにもグリップしやすいよう、細かい凸凹が施されている。

また、低反発インソールと硬めな中底、2層ミッドソールで体重を足裏前面でペダルに伝え、スムースなペダリングをサポートする。

ヒール部分のタンは、引き上げることで簡単にシューズを履くことができる。

踵と側面の反射材で、夜間の走行時の安全も確保した。

瀬戸内の名産品・レモンをイメージしたイエローなど、足元のアクセントにもなる6色のカラーで展開する。

【商品詳細】


■商品名:ワンマイル瀬戸内
■価格:8500円+税
■サイズ:
 メンズ:S(25.0㎝)、M(26.0㎝)、L(27.0㎝)、LL(28.0㎝)
 ウィメンズ:S(22.5)、M(23.5)、L(24.5)
■カラー:YELLOW、BLUE、NAVY、GRAY、RED、BLACK

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

関連記事

編集部オススメの記事