サロモン契約の大瀬和文選手プロデュースのトレラン大会が開催

sports 2018-07-15  

アメアスポーツジャパンのサロモンアウトドア部門が契約するトレイルランナー、大瀬和文氏プロデュースによるトレイルランニングイベント「SALOMON 御殿場宝永山1327」が9月8日、静岡県御殿場市の富士山御殿場登山道で開催されることが決定。エントリーがスタートしている。

read more

コースは、富士登山駅伝の舞台でもある御殿場登山口の砂走りをひたすら登り、宝永山山頂でフィニッシュする。

距離5.5㎞、上り標高1327m、中上級者向けの「宝永山行き」に加えて、小学生から参加可能でハイキング感覚で楽しめる「双子山行き」(距離2.1km 上り標高461m)も用意し、ビギナーからエキスパート、ファミリーまで楽しめるイベントにしている。

「宝永山行き」の募集人数は中学生以上で400人(参加費:大人7000円、中高生5000円)、「双子山行き」は50人で大人4500円、小~高校生3000円。詳細は、https://hoei1327.com/で。

レースプロデューサーの大瀬選手は、兵庫県生まれの36歳。2018UTMFでは日本人最高の6位、2018Ultra Trail Australia 100㎞でも6位入賞している。

現在、長野県王滝村の村おこし協力隊の一員として、王滝村の豊かな自然をPRして観光誘致・村再生につなげようと奮闘している。

PAGE TOP