「スピングルムーヴ」17年秋冬コレクションは“ミッドカット”に注目!

fashion 2017-09-15  

SPM-442(2万円+税)

広島・備後発の国産スニーカーブランド「スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)」の中で、今最も勢いがあるのがミッドカットモデルのSPM-442。

丈が高過ぎず、サイドゴア仕様で脱ぎ履きしやすい点が、男女問わず評価されている。

今年5~7月の出荷ランキングでも、SPM-442のダークブルーとブラックがベスト5にランクインしている。

ミドルカットモデルの人気が高まるなか、17年秋冬は“ミッド・イズム”をシーズンテーマに設定。

SPM-442を始めとする、ミッドカットモデルの商品ラインアップを増やしている。

SPM-386(2万5000円+税)

SPM-386は、透明感のあるカーフレザーを贅沢に使用。シンプルながら、高級感溢れる仕上がりになっている。

SPM-455(2万1000円+税)

SPM-455は牛革を使用し、サイド部分にパイソンレザーを使うことで一味違うアクセントを加えた。

SPM-456(1万9000円+税)

SPM-456はイタリアンベロアを使用し、ライニングにストレッチ素材を用いることで抜群のフィット感を提供する。

PAGE TOP