【日本初上陸のブランドを先取り!】ソフトサイエンス「クロックス創業者が開発したコンフォートシューズ」

pickup 2016-06-08

ソフトサイエンス

アメリカ・カリフォルニア発のコンフォートシューズブランド「ソフトサイエンス(SoftScience)」が、この夏日本に上陸する。

ソフトサイエンスは、クロックス創業者のスコット・シーマンズ氏とリーボック前会長のジョン・デュエーデン氏が13年に立ち上げたもの。14年春夏に全米デビューを果たし、機能性と高いデザイン性を兼ね備えたコンフォートシューズとして人気を集めている。

ソフトサイエンス②

快適さの秘密は、“トリリオン”と呼ばれる独自開発素材にある。軽量でクッション性に優れたこの素材をアウトソールとインソールに使用することで、快適な履き心地を生み出している。アウトソールはグリップ性が高く、濡れた路面でも効果を発揮。コーディネートを選ばないシンプルなデザインなので、幅広いシーンに対応する。

日本では、第1弾商品のライトウォーカー(1万2800円+税)が7月に発売される予定。デザインを兼ね備えた今までにないコンフォートシューズとして注目を集めそうだ。

PAGE TOP