リーボックの人気モデル「ソールフューリー」に新色が登場

fashion 2019-07-30  

「リーボック(Reebok)」は、3つの独自テクノロジーを搭載した人気モデル「ソールフューリー」の新色を発売した。

read more

ソールフューリーは、リーボックが90年代に生み出した革新的なテクノロジーやデザインを融合し、現代的な形に昇華させたモデルとして2018年に登場。

第1のテクノロジーとして、ソール部分にはインスタポンプフューリーの特徴であるソールを分離させた構造「スプリットクッショニング システム」を採用。軽量性と柔軟性を実現するだけでなく、リーボックならではの特徴的なフォルムを生み出している。

第2のテクノロジーとしては、アウトソールの中央部にランニングシューズ「ベンチレーター」の特徴である通気口を搭載し、通気性や快適性高めている。

また、第3のテクノロジーとして、アッパーにはランニングシューズ「3D オーパス」で用いられている異素材の組み合わせ構造を継承。通気性の良いメッシュやクッション性の高いネオプレン素材を使用し、履きやすさにも配慮している。

さらに、アシンメトリーなデザインを施すことで、角度により色やデザインが異なって見えることも特徴となっている。

今回、新色としてウルティマパープルF14/ブラック/ネオンライムほか計4カラーが登場した。

商品詳細

■商品名:ソールフューリー
■価格:9990円+税
■カラー:ウルティマパープルF14/ブラック/ネオンライム、ホワイト/ブラック/クローバーグリーン、スカルグレー/ホワイト/シアン、ブラック/トゥルーグレー/ホワイト
■サイズ:22.5~31.0cm

PAGE TOP