「リーボック」アジアパシフィックブランドアンバサダーに仲里依紗が就任

sports 2020-01-29  

「リーボック(Reebok)」は、女優の仲里依紗さんがリーボックアジアパシフィックブランドアンバサダーに就任したと発表した。

read more

リーボックは20年1月から、「フィットネスを通じて、自らの可能性を最大限に高める」ことをミッションにブランドロゴを統合。今後、ブランドの核となる「フィットネス」と「ファッション」というふたつのDNAを結びつけることにより、どちらの枠にも収まらない新たな価値やスタイルを発信していく。

仲さんは趣味でクロスフィットトレーニングを行うなど、日常的にフィットネスに取り組んでいることでも知られ、「フィットネス」と「ファッション」を自由に楽しむライフスタイルが、リーボックのブランド理念と合致したことから、今回のブランドアンバサダー就任が実現した。

今回のブランドアンバサダー就任について、仲さんは「もともとリーボックは大好きなブランドで、私服でもファッションに取り入れていたので、今回アンバサダーとして就任させて頂く事となり、とても嬉しかったです。趣味でクロスフィットを行っているのですが、嬉しさ倍増でクロスフィットの回数も増え、毎日筋肉痛です。どんどん強くなっている気がします」とコメントしている。

PAGE TOP