「アシックス」が走行効率高めたシリーズから軽量仕様の新モデル発売

sports 2020-01-23  

「アシックス(asics)」は、ランナーの走行時のエネルギー消費を抑えながら足を前に運ぶ“走行効率”を高める機能構造を有したランニングシューズのシリーズから、軽量タイプの「エボライド」を発売する。

read more

今回発売の商品は、靴底前部にカーブを設けたGUIDESOLE(ガイドソール)を採用することで、少ないエネルギーで足を前に運べるようにしたことが特徴。

昨年発売された「メタライド」と「グライドライド」と同じコンセプトで開発されており、着地時のやわらかな感覚とともに、足が楽でスムーズに回転するような快適な足運びが体感できる。

また、独自開発のスポンジ材を採用するなど、軽さを重視した設計で、重量は27㎝の片足で約255gとなっている。

PAGE TOP