Amazonファッション事業本部シューズ&バッグ事業部事業部長が語る今とこれから

pickup 2019-01-09  

アマゾンジャパン ファッション事業本部シューズ&バッグ事業部の浜崎真一事業部長


■安心して購入できるサービスを提供

外部の調査機関によると現在、モバイル経由でAmazonのトップページを訪れるビジター数は月に約3850万人、PC経由で訪れるビジター数は約1730万人いると言われています。

数多くのお客様がAmazonで検索や商品閲覧を行っているなか、我々がやるべきことは、品揃えをさらに充実させ、商品を簡単に分かりやすく探せるようにすることです。これを何百万アイテムという規模でやれるのがAmazonの強みであり、我々がお客様に提供できる最大の価値です。

一方、毎月数千万人がAmazonを訪れていますが、全員が靴を購入しているわけではありません。そこには買わない理由が存在しており、その障壁をどれだけ取り除くことができるかが、我々にとって一番の課題です。また品揃えや配送の面でも、まだまだやるべきことはたくさんあります。

ECサイトで靴を買わない一番の理由は、実際に靴を履くことができないことだと思います。Amazonでは、かなり以前から最長で30日間返品無料というサービスを提供しています。

同じ26㎝でもメーカーによって微妙にサイズが異なるため、前後のサイズを注文したうえで、サイズが合わなかった商品については無料で返品を受け付けています。注文できる商品数に制限もないため、女性のお客様を中心に好評をいただいています。

今後も品揃えと利便性を徹底して追求するとともに、お客様に安心して靴を購入していただくためのサービスを提供していきたいと考えています。

PAGE TOP