元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗氏がビジネスファッションを語る

fashion 2019-10-15  

トークショーに登場した元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗氏㊧とファッションディレクターの森岡弘氏

アシックスは10月4~6日と11日の4日間、ビジネスシューズ「ランウォーク」のポップアップストアを東京・銀座のバーニーズニューヨーク銀座本店にオープンした。11日には元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗氏とファッションディレクターの森岡弘氏によるトークショーを、ビジネスパーソンのファッションアイテムや着こなし術を紹介する「MEN’S EX ONLINE」との共催で実施した。

read more

トークショーでは、日本代表でキャプテンを務めた廣瀬氏が自身の経験を交えながらビジネススタイルについて語り、数々のファッション誌で活躍する森岡氏がテクノロジーを駆使したビジネスアイテムの選び方を紹介した。

自身のビジネススタイルについて語る廣瀬氏

廣瀬氏は自身のビジネススタイルについて、「解説や講演の際にスーツを着る機会があるが、派手なものではなく、シンプルでカッコいい服を着ることを心掛けている。少し遊びがほしい時はポケットチーフを付けている」と話した。

また、ラグビー選手のファッションについて、「ラグビー選手は内面の良さは自然に備わっている一方、外見については無頓着な部分がある。カッコいいスーツを着ることで外見もカッコよくなると、日本の男性にとって憧れの存在になれる。体格の良さを生かしながら、シンプルにさらっと着こなしてほしい」と語った。

森岡氏がコーディネートしたグレーのスーツとランウォークを着用した廣瀬氏

廣瀬氏がトークショーで履いていたのが、“走れるビジネスシューズ”として人気を誇るアシックスのランウォーク。その履き心地について、廣瀬氏は「最初に革靴を履いた時は靴擦れすることが多いが、ランウォークは履いた瞬間からフィットした。スニーカーを履いているような感覚で、長時間履いても疲れない」と太鼓判を押した。

PAGE TOP