「マドラス」×「ミズノ」の国産ビジネスシューズがISETAN靴博で先行発売

fashion 2019-09-12  

マドラスは、ミズノとコラボレーションした国産ビジネスシューズ「madras Walk MIZUNO SELECT」にゴアテックスファブリクスを搭載した秋の新製品を、伊勢丹新宿店で9月11日からスタートした「ISETAN靴博2019」で先行発売している。

read more

このビジネスシューズは、アッパーに撥水レザーを採用し、アルコール落とし仕上げを施すことで靴に陰影をつけたこだわりのアイテム。ビジネスからカジュアル、晴れの日から雨の日までオールマイティでありながらクラス感が漂う1足に仕上げている。

また、ミズノアーチサポートインソールの採用で、足の3カ所のアーチを支えて負担を分散、着地衝撃を吸収してスムーズな歩行を促すうえ、ソールにはスポーツシューズにも搭載されているクッション性と安定性を両立する「ミズノウエーブ」、摩耗の激しい踵部には耐摩耗性に優れる「X10」を搭載している。

価格は短靴が3万円+税、チャッカブーツが3万2000円+税。

「ISETAN靴博2019」は、伊勢丹新宿店本館6階催事場で9月16日まで開催される紳士靴の祭典。別注シューズのコーナーや靴のアート作品の展示販売など、盛りだくさんのコンテンツのほか、消費者参加型イベントも用意。週末には世界の猛者が集まる靴磨き大会のチャンピオンズリーグも開催される。

PAGE TOP