「三陽山長」がイラストレーターの綿谷寛氏とコラボ!ホワイトバックス3型を発売へ

fashion 2019-02-06  

三陽商会が展開するシューズブランド「三陽山長」は、“画伯”の愛称で知られるメンズファッションイラストレーターの綿谷寛氏とコラボレーションしたグッドイヤーウェルト製法の紳士靴3型を、三陽山長の直営店で4月下旬から発売する。

read more

今回のコラボレーションでは、『メンズクラブ』や『ビギン』といったメンズ誌のイラストで有名な綿谷氏に、氏が愛するアメリカ東海岸のイーストハンプトンをイメージしたシューズを描いてもらい、そのイラストをもとに三陽山長が商品化。ファッションとユーモアに妥協のない綿谷氏ならではの仕上がりになっている。

東一郎

アイテムは、ホワイトバックスのサドルシューズ(東一郎=トウイチロウ)、リボンタッセルローファー(海二郎=カイジロウ)、ノーウィンジャンギリー(岸三郎=キシサブロウ)の3型で、名前の頭文字を取ると“東海岸”になる。価格はすべて6万8000円+税。

海二郎

展開店舗は三陽山長日本橋髙島屋S.C.(新館)店、東京ミッドタウン日比谷店、玉川髙島屋S・C、伊勢丹新宿店、松坂屋名古屋店、SANYO iStore(https://sanyo-i.jp/s/b/sanyoyamacho)。※東京ミッドタウン日比谷店、玉川髙島屋S・C、松坂屋名古屋店は「東一郎」「岸三郎」のみの展開

岸三郎

4月の発売に先行し、2月16日(土)13~18時に三陽山長日本橋髙島屋S.C.(新館)店で早期受注会を開催する。

イラストレーターの綿谷氏

当日は綿谷氏が登場し、シューズの制作秘話やこだわりポイントなどを披露する予定。当日、注文したお客さん限定で綿谷氏が描く似顔絵をプレゼントする。

PAGE TOP