「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

ナイキ「エア マックス」生誕30周年コレクションは名作揃いの豪華ラインアップ


ナイキスポーツウェア(NIKE SPORTSWEAR)は、エア マックスの登場から30周年を記念した「エア マックス デイ」コレクションを3月から順次発売する。

エアは、1979年にエア テイルウィンドに初めて使用され、最初の8年間は外観からは見えず、履いて初めて効果が分かるものだった。そして1987年、エア マックスの登場とともに初めて外から見える形となった。

「エア マックス デイ」コレクションは、全7モデルで展開される。

ナイキ エア マックス 1 アニバーサリー(1万4000円+税)は、すべての始まりとなったエア マックスの発売当初のシルエットを忠実に再現して復刻した。

ナイキ エア マックス90 ウルトラ フライニット(1万8000円+税)は、アッパーにフライニットを採用し屈曲性を向上させ、ミッドソールは芯をくり抜くことによって軽量化を図るとともに快適性を向上させた。

ナイキ エア マックス 1 アトモス エレファント(1万6000円+税)は、エア マックス デイ2016で、過去のモデル100足の中からお気に入りの1足に投票する「VOTE BACK」キャンペーンで圧倒的な投票数を獲得。ナイキの定番モチーフを複数のカラーブロックで配置し、淡いヒスイ色のSwooshロゴを引き立てた、アトモスとのコラボレーションモデルだ。

ナイキ エア マックスLD-ZERO(1万8000円+税)は、エア マックス デイ2016のために藤原ヒロシ氏がデザインしたモデル。1970年代のナイキLD-1000とボストンにヒントを得たすっきりとした外観のアッパーと、2006年に初登場した360エア マックス ユニットを組み合わせた。

ナイキ エア マックス 1 マスター(1万6000円+税)は、オリジナルの赤いトゥティップ(つま先)、今も愛されているサファリプリント等の素材に加え、アッパーには過去の傑作モデルをリスペクトしたディテールが施されるなど、エア マックスの歴史の中で人気の高いスタイルの特徴を組み合わせてつくられた。

ナイキ エア マックス 1 ウルトラ 2.0 LE(1万3000円+税)は、“これまでで最も画期的なエア マックス 1”との呼び声が高いニューモデル。芯をくり抜いたウルトラ ツーリングにより、史上最も軽いエア マックスに仕上がった。オリジナルの発売日を記念して、シュータンには“3.26”の文字があしらわれている。

ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット(2万円+税)は、屈曲性の高いフライニットアッパーを、抜本的に再構築したエアクッショニングシステムと組み合わせたモデル。エアの革命に再び火を付け、エアが最先端の技術であることを改めて世の中に発信していくプロダクトだ。

編集部オススメの記事