「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

主要スポーツブランドが若い感覚のランニングシューズを続々投入


機能性とデザイン性を融合させたアシックス「フューズエックス」シリーズ

機能性とデザイン性を融合させたアシックス「フューズエックス」シリーズ

東京マラソンを契機にランニングを始めたランナーの中心層は、40代になっている。それより若い20~30代の若者層、そしてフィットネスとしてのランニングを含め、今後の参加増が見込まれる女性層を取り込むために、各ブランドは製品面、さらにサービス面でこれらの世代を取り込む施策を打ち出している。

製品面では、ファッションを意識する傾向に合わせてデザイン性を重視しているのがポイントに挙げられる。アシックスはランニングやトレーニングをライフスタイルに取り入れて楽しむファンランナーに向けて、今年2月から「フューズエックス」シリーズを投入した。

ランニング初心者に向けたミズノ「ミズノシンクロMX」

ランニング初心者に向けたミズノ「ミズノシンクロMX」

ミズノは初心者や“これから始めたい”というユーザーに対して、ランニングシューズ購入の際に敷居が低い靴流通での展開を考えた「ミズノシンクロ」シリーズを2月から発売、すでにシューズ量販店での出足も良好だという。

リーボック「ジーポンプ フュージョン2.0ニット」

リーボック「ジーポンプ フュージョン2.0ニット」

ニューバランスは「フレッシュフォーム」と「バジー」でファッションとハイブリッドしたモデルを提案。リーボックは空気を注入してフィット感を調整する独自の“The Pumpテクノロジー”を搭載したジーポンプフュージョンがストリートでも人気を得ている。

ランニングと街履きをつなぐアディダス「ピュアブーストZG」

ランニングと街履きをつなぐアディダス「ピュアブーストZG」

アディダスは女性専用モデルのピュアブースト エックスや、ランニングと街履きをつなぐ男性向けのピュアブーストZGなどを発売し、女性層の取り込みとともにライフスタイルに近づくランニングシューズの新たな需要の開拓を進めている。

プーマは17年春夏から、イグナイト、スピードに続くランニングカテゴリーのシューズとして、ストリートを意識したプーマらしいラインを導入していく。

関連記事

編集部オススメの記事