「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

プーマが「グラファーズロック」とコラボしたカプセルコレクション発表―世界に先駆けて日本先行発売


プーマ1

シューズは「ディスクブレイズ」と「R698」がベース

プーマは、サイバーパンクやテクノカルチャーをベースにグラフィックデザインやアートディレクションを行っている岩屋民穂氏による「グラファーズロック(GraphersRock)」とコラボレーションしたカプセルコレクションを発表した。

このコレクションは、「テクノ」「サイバーパンク」「実験施設」「ハイテク」といったキーワードをベースに、このプロジェクトの発信地である「東京」をグラファーズロックならではのテイストで追求。 キーとなるフットウェアには、プーマを代表する90年代のランニングシューズのディスクブレイズとR698がセレクトされた。

デザインはインパクトとガジェット感を強く意識し、アッパー全体にグラファーズロックのデザインの特徴でもある記号やタイポグラフィを配置。ベースとなる4つのグラフィックを設定し、それぞれをぴったりなシューズに落とし込み、カラーリングした。あくまでもグラフィックでアッパーを覆うのではなく、グラフィックのイメージをフットウェアに昇華させることを岩屋氏は試みた。

Disc by GraphersRock(1万9000円+税)

Disc by GraphersRock(1万9000円+税)


Disc by GraphersRock(1万9000円+税)

Disc by GraphersRock(1万9000円+税)


ブラックとホワイトの2色で展開される「Disc by GraphersRock」(1万9000円+税)は、フォアフット部分のグリッドの切り込みが入った光沢のあるレザーと、サイドパネルやミッドソールにプリントされた記号やタイポグラフィが特徴的。さりげなく加えられたTOKYO JAPANの文字と、シュータンおよびヒールにプリントされたGraphersRockのロゴが、今回のコラボレーションの証になる。インナーには、デザインのベースとなったグラフィックがそれぞれ施されており、トライノミックソールからは内部のグラフィックが透けて見える。

R698 by GraphersRock(1万3000円+税)

R698 by GraphersRock(1万3000円+税)


R698 by GraphersRock(1万3000円+税)

R698 by GraphersRock(1万3000円+税)

ピンクがアクセントとなっているグレーのツートンカラーと、ブルーがアクセントのホワイトの2色展開の「R698 by GraphersRock」(1万3000円+税)は、90年代らしいナイロンメッシュ、ネオプレーン、そしてレザーといった異素材をパーツごとに採用した独特の仕上がり。こちらもDisc同様、記号やタイポグラフィのプリント、そしてインナーに施されたグラフィックパターンがトライノミックソールから透けて見える。

ブラックがソリッドな印象の「PUMA X GraphersRock バックパック」(1万8000円+税)は、リフレクター素材でプリントが施されている。両方向ジッパーによる広い開口で、大きなものの出し入れもスムーズ、さらにロールアップ式の開口部のため、容量アップも簡単。

このカプセルコレクションは、世界に先駆け日本で4月15日(金)からプーマストアやDover Street Market Ginzaなどで発売されている。

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

編集部オススメの記事