「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

パトリック直営4号店「PATRICK LABO KICHIJOJI」が吉祥寺に4月9日オープン


スタッフの青木渓偉さん、佐藤俊仁さん、本多祥史さん(写真左から)

スタッフの青木渓偉さん、佐藤俊仁さん、本多祥史さん(写真左から)


カメイ・プロアクトは、パトリックの直営4号店「PATRICK LABO KICHIJOJI(パトリック・ラボ・キチジョウジ)」を4月9日、東京・吉祥寺にオープンした。

商業地と居住地の両面性をもち、都下で高い人気を誇る吉祥寺周辺でファッション感度と消費意欲の高い層に向けて、より一層のブランド訴求をはかることがオープンの狙い。PATRICK LABO KICHIJOJIの山本文吾店長は、「コアなファンはもちろん、パトリックのこと知らない10~20代のお客様や子ども連れのお客様も取り込んでいきたい」と話す。

シューズはほぼフルラインとなる約150SKUをラインアップ

シューズはほぼフルラインとなる約150SKUをラインアップ


売り場面積は、17.48坪(1F部分ストックスペース含む)。扱いアイテム数はシューズ約150SKU、アパレル約20SKU。シューズについてはほぼフルラインを扱うほか、直営店限定のゴルフシューズやサイクリングシューズもラインアップ。また子連れ客を意識し、キッズシューズを豊富に取り揃えている。このほかインソールやシューレースも扱っている。

フランス製モデル「リバプール・トレーナーFr.」と先着100人にプレゼントするミニサッカーボール(非売品)

フランス製モデル「リバプール・トレーナーFr.」と先着100人にプレゼントするミニサッカーボール(非売品)


オープンを記念し、商品を購入した人を対象に先着100人にオリジナルグッズのミニサッカーボール(非売品、なくなり次第終了)をプレゼントするキャンペーンを実施。また、100足限定のフランス製モデル「リバプール・トレーナーFr.」(2万8000円+税)を先行発売している。

パトリックの直営店は、LABO(ラボラトリー=研究所)というネーミングの通り、メーカーとエンドユーザーが直接コミュニケーションできる場として様々な試みを実践している。09年2月に東京・銀座に1号店、13年4月に神戸・三宮に2号店、15年2月に大阪・難波に3号店がオープンしている。

【店舗詳細】


■店名:パトリック・ラボ・キチジョウジ
■住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-15-1 FUJIKAWA BLDG.1F
■TEL:0422-27-6937
■営業時間:平日11~20時、土日祝11~19時
■パトリック公式ホームページ:http://www.patrick.jp/

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

編集部オススメの記事