「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

アディダス、マラソン2時間切りを目指すランナーに向けた「アディゼロ サブ2」を発表ーキプサング選手が着用し東京マラソンで優勝


アディダスは、2時間の壁を越えようとするアスリートのためにつくられた革新的マラソンシューズ「アディダス アディゼロ サブツー(adidas adizero Sub2)」を発表。年内に一般販売を予定している。

アディダスの「サブ2 プログラム」の第一歩となる今作は、元世界記録保持者でアディダス契約のウィルソン・キプサング選手を含む一流アスリートたちによるテストを経て誕生した。

© adidas Group (photographer: Hannah Hlavacek)

アディゼロ サブ2には、アディダスの新たなイノベーションである「ブースト ライト」を搭載。レース本番での一流アスリートによる着用を想定して特別設計されたもので、アディダス史上最軽量のフォーム素材を採用し、記録に挑むアスリートたちのパワーの源となる反発性を生み出す。

© adidas Group (photographer: Hannah Hlavacek)

軽量ファブリックの単層構造となるアッパー部分には、より軽くなったメッシュ素材と内部補強材を採用。また、スピードランナーに適したサポート、快適性、フィット感を生み出すべく、さらなる進化を遂げたマイクロフィットを採用した。

アウトソールには、グリップ性の高いコンチネンタル マイクロウェブアウトソールを採用し、ごくわずかなスリップが発生してもエネルギーの無駄な消費を確実に食い止める。

ウィルソン・キプサング選手は、アディゼロ サブツーを着用し、2月26日に開催された東京マラソンで見事勝利を収めた。現時点で、同選手は世界に存在するたった1足のみのアディゼロ サブツーを所有している唯一の人物だ。

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

編集部オススメの記事