ミズノランニングの代名詞「ウエーブライダー」に初のゴアテックス搭載モデル

fashion 2017-01-31

ミズノを代表するランニングシューズ「ウエーブライダー」に、初のゴアテックスファブリクス搭載モデル「ウエーブライダー20 G-TX」が登場した。価格は1万5900円+税。

走り心地の良さに加えて、ゴアテックスファブリクスの特性である防水性・透湿性・防風性を備えたことで、雨の日や雨上がりはもちろん、秋冬のランニングの悩みである足元の冷えもサポートする。

ウエーブライダーシリーズは、1997年のデビュー以来“走り心地の良さ”をコンセプトに進化を続け、年間販売足数が約10万足規模となるミズノランニングの看板商品になっている。

最新作のウエーブライダー20は、中央部を凹ませた新形状のミズノウエーブを採用し、その下に弾力性の高いスポンジ材「U4icX(ユーフォリックエックス)」を取り入れることで、安定感を失わずに着地時の柔らかさを実現するとともに、前方向へのスムーズな体重移動を可能にした。

【商品詳細】


■商品名:ウエーブライダー20 G-TX
■価格:1万5900円+税
■カラー:グリーン×シルバー×オレンジ(男性用)、ピンク×シルバー×ブルー(女性用)
■サイズ:男性用25.0~28.0㎝、女性用 23.0~25.0㎝
■ミズノランニング公式ウェブサイト:http://www.mizuno.jp/running/

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP