「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

オニツカタイガー「メキシコ66」から岡山デニムを使った新作登場


オニツカ①
オニツカ②

オニツカタイガーは、世界的に評価の高い岡山デニムを使用したシューズを企画。 オニツカタイガー直営店などで発売している。価格は1万2000円+税。

人気定番のメキシコ66をベースに、アッパー全体にデニムを使って独特の風合いを付加したほか、ベロと履き口に切りっぱなしのディテールを用いるなど、ハンドメイドの温もりが感じられるモデルだ。

デニムの定番であるインディゴブルーとホワイトの2タイプを用意。インディゴブルーは、デニムの素材感や粗めのステッチ使いにより、豊かな表情を演出。生地は薄手で軽く、夏でも軽快に履きこなすことができる。

ホワイトは、一見するとキャンバス地のようにも映る意外性が新鮮。人気のホワイトスニー カーの中でも、デニムならではの風合いと素材感を楽しめ、上品なアイテムとのコーディネートも可能。夏のマリンルックにもおすすめだ。

【商品詳細】


■商品名:メキシコ66
■価格:1万2000円+税
■カラー:インディアインク×インディアインク、スライトホワイト×スライトホワイト
■サイズ:22.5cm~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cm、31.0cm
■公式サイト:http://www.onitsukatiger.com/ja-jp

編集部オススメの記事