「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

プーマの代表作「プーマ クライド」が5年振りに復活


イメージ

プーマが、ブランドを代表するアイコニックなシルエットの「プーマ クライド」を5年振りに復活させる。

プーマ クライドは、バスケットボール選手のウォルト・クライド・フレイジャーが、プーマのスウェード製シューズのカスタムメイドを要望したことをきっかけに生まれた。プーマ クライドが登場した1973年は、映画やファッションなど文化的なあらゆる側面でスポーツ選手が大きな影響力をもっていた時代だった。

プーマ クライドは、登場するとたちまち70年代を代表するスポーツシューズとなった。その強烈なプレゼンスは、ポップ・カルチャーの台頭とともにヒップホップスターやスケーター、Bboyを始め、90年代のパンクムーブメントのミュージシャンたちにも愛用された。クライド自身、このスニーカーを「タイムレスデザイン(時代に左右されないデザイン)」と評している。

今シーズンは、新しいカラーウェイ、新しい素材、新しいプリントを採用したほか、新たなコラボレーショにも取り組んでいる。いずれのモデルも、プーマロゴとクライドのシグネチャーがゴールドの箔押しプリントで表現されている。

価格は1万3000円+税で、7月2日からプーマストアほか限定店舗で発売される。

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

編集部オススメの記事