「アウトドアプロダクツ」から定番デイパックがモチーフのスニーカー登場

fashion 2016-04-12

アウトドアプロダクツ①

アッパーはデイパックと同じコーデュラナイロン

「アウトドアプロダクツ」は1970年、アルトシュール兄弟によってアメリカ・ロサンゼルスで誕生したブランド。洗練されたデザインのなかに使い心地の良さと耐久性を併せ持ち、さらに工程上の無駄を極限まで排除することでバリュープライスを実現した製品は高い評価を得ている。日本市場でもバックパックを始めとする製品の人気が高いことから、シューズラインを展開するアキレスはデイパックの定番「4052EXPT」と同じ素材、カラー使いとディテールを取り入れたスニーカーを開発、2月末から発売している。

アッパーにはデイパックの4052EXPTと同様に、軽量で耐久性に優れる米国インビスタ社のコーデュラナイロンを使用。バッグのボトム部に使っているスウェード素材をイメージさせるサイドステイやピッケルホルダー(ブタ鼻)の意匠、さらにファスナーの“つまみ”をシューレースに採用するなど、デイパックのディテールをスニーカーに落とし込んでいる。

商品構成はスリッポン、デッキスタイル、ハイバスタイプを用意し、それぞれにスタンダードカラー5色と限定カラー2色を提案している。
スリッポンのネービー、ホワイトと限定カラーのカモフラージュ、デッキスタイルのブラック、ネービー、ホワイトと限定カラーのカモフラージュはユニセックス展開、その他はレディスサイズになる。

価格はローカット4900円+税(限定カラー5300円+税)、ハイバスタイプ5500円+税(限定カラー5900円+税)。

Photo Gallery


写真をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP