東欧生まれのシューズブランド「ZDA」から日本初登場の新作スニーカー

fashion 2017-08-17

1950年~80年代に旧チェコスロバキアで生産され、2016年に復活を果たしたシューズブランド「ZDA」から、日本初展開となる新作スニーカーが登場する。

今回発売されるランニングタイプのスニーカーは、独特な編み目のカッティングが特徴的な一足。

つま先の「フォクシングラバー」は職人の手貼りによるもので、つま先部を補強する役割を果たしている。

ミッドソールには厚みのあるEVAを使用し、履き心地にもこだわった。

【商品詳細】


■商品名:2800FSL
■価格:2万1000円+税
■カラー:WHITE×L.GRAY×BLACK、GRAY×D.GRAY×FUXIA PINK、BEIGE×NAVY×TURQUOISE

PAGE TOP